Rubyの試験とは

Ruby、という言葉を見たことがある方は少ないかもしれません。プログラミング言語の一種であるRubyには、試験があるのです。では、どのようなものなのでしょうか。
そもそも、Rubyとは、オブジェクト指向型と呼ばれる言語で、その使われ方としては、有名なところだと、SNSなどに使われています。ECサイトにも、使われることがあるようです。
そのRubyに関する試験は、Ruby技術者認定試験という名前で、2007年に生まれてからというもの、SilverとGoldという二つの試験が運営されてきました。最近、それよりさらに難しいPlatinumというグレードが用意されており、そのうち設立する予定です。
Silver、Goldという順に難しくなっていき、Silverはかなり基礎的な問題が問われますが、Goldは実務的な内容が問われるようです。受かればキャリアの糧となるため、ぜひ受けましょう。

おすすめ記事